MENU

リュウジさん料理本「ワンパンで面倒なし! フライパン飯革命」から5品作ってランキングしてみた

みなさんこんにちはZEROです。
前回作った至高の鯖飯があまりにも美味しかったので、その時にリュウジさんのリュウジさん料理本「ワンパンで面倒なし! フライパン飯革命」をkindleで購入したのですが、
今週はその中のオンパレードで作ってみました。
私が作った料理は以下です。

10/25(月)
サーモンのディアボラ風
(p.36 2章おいしい魚レシピより)
12/16(月)再度作って写真追加しました。

10/26(火)
ビーフステーキフレッシュトマトソース
(p.16 1章極上の肉レシピより)
12/16(月)再度作って写真追加しました。

10/27(水)
悪魔のたれポントンテキ
(p.251章極上の肉レシピより)
12/6(月)再度作って写真追加しました。

10/28(木)
チキンレモンステーキ
(p.251章極上の肉レシピより)
12/9(木)再度作って写真追加しました。

10/29(金)
ねぎだれ塩さば
(p.34 2章おいしい魚レシピより)

食材はバランスを考えて魚(鮭、鯖)鶏肉、豚肉、牛肉としてレシピを選びました。
正直、どれも美味しかったですが、そこをあえて僕のベストを紹介させていただきます。

 

僕の選ぶ1位はこれ「ねぎだれ塩さばでした。
(グラタン皿に乗せたのあまりインスタ映えしなくなってスイマセン)

なぜこれを一位に選んだかと言いますと、一つ目の理由はこのレシピが僕にこの記事を書く決意をさせたからです。
と言うのは、もともと最初はこの記事を書くつもりは全くなくて、ただ単に

「この本があれば晩御飯の献立困らないかな~」

という軽いノリでこの本を購入したのですが、
毎日作っていくうちに

「ええ!?この食材でこのクオリティ?

これならレストランなら1000円以上でくらい払っても食べたいくらい美味い!」

と思えた瞬間その時点で余裕でこの本の元取ってることに気が付き、

「これはみなさんにも是非とも作ってほしい」

と思うようになったからです。
(なので料理の写真は最終日のねぎだれ塩さばしかないんです。スイマセン。)

あと、1位を選ぶ時このレシピと非常に悩んだレシピは2位の「チキンレモンステーキ」です。

正直こっちはレストランで1500円でも僕は食べたいと思います。
(でもライスと飲み物はセットにして下さいね)

味だけならこっちをベストに選んでたのですがあえて1位を塩さばにした二つ目の理由は
さばという食材がお手頃で健康
というのがこのZEROのコーナー
「ヘルシーでダイエットにも効果あり時短簡単料理」にマッチしてるからです。

1位のねぎだれ塩さばは味については2位とは言いましたが、とは言えこれは正直予想外の美味しささでした。

前回の記事で「至高の鯖飯」で僕が絶賛して何度も作っただけあって

「言ってもあの鯖飯を超えるレシピではないだろう。
しかも鯖をフライパンで焼くのはな~」

と思ってあまり期待していませんでした。(スイマセン)
でもその予想を遥かに超える美味しさでした。
まず、鯖の臭みがほとんど感じない。

そこにレモン汁をかけることでさらに爽やかな味わいとなります。
それでいて鯖の美味しさはしっかり残ってるのです。

至高の鯖飯の時に衝撃を受けましたが、今回も

「やられたな~リュウジさんに。これは素人には絶対出せない味だ」

ということを思い知らされると同時に、これもまたシーズンオフでも美味しく食べられる鯖料理として、そして今後の定番メニューとして我が家に登場することが確立しました。

そして惜しくも今回2位となったチキンレモンステーキ、この高級感は半端ではなかったです。

バターを多く使っているため味がくどい感じになるのかと思えばその逆。
レモンの効果でとてもマイルド。
そしてソースウマすぎでした。
(ちなみにうちの嫁さんは余ったそのソースでキャベツの千切りを食べていました。)

正直このレシピがMVPでもよかったのですが、バターの量が15gと多かったため今回の僕のテーマである「ダイエット」に効果あるかってところで引っかかったので2位にさせて頂きました。

でも今後我が家で定番メニューとなることは確実です。
(まあねぎだれ塩さばのほうでもサラダ油大さじ1なので同じくらいの油なのですが、
こっちはネギによって相殺されることを考えると、
軍配は塩さばに上がったかな~というところです。)

3位~5位は正直順位はつけられないです。ですがあえて言うと

3位「ビーフステーキフレッシュトマトソース」かな~。
これも素人の料理では出せない味でした。

他のレシピでもそうですがリュウジさんのレシピは簡単で美味しくてさらに「高級感」があります。

ステーキにしても自分で肉を買って焼くだけでは味わえない「非日常感」を味合わせてくれます。

ただ、これを3位にした理由はステーキとなると出費的にやはりちょっと手を出しにくいというところです。

4位~5位はもう順位つけたくないです。でもあえて僕の主観を入れると


4位「サーモンのディアボラ風」です
もう味についてはどれも美味しいのですが、このサーモンを選んだのはやはり素人では思いつかない味付けですね。

例えば僕の場合だと鮭を買ってきたら焼くか煮るかというところなのですが、ここまで贅沢なソースを作るという発想には絶対ならないです。

5位「悪魔のたれポントンテキ」

これを5位にしたのは決して美味しくなかったからではありません。
定番の定番という感じでとても美味しかったです。

ただ市販の焼肉のたれを使うというとなると作るメーカーによって味に差がでてしまうのでは?ということを考えた結果こうなりました。

でも嫁さんからはニンニクチップがとても好評でした。

ではまとめです。

1位「ねぎだれ塩さば」

2位 チキンレモンステーキ

3位「ビーフステーキフレッシュトマトソース」

4位「サーモンのディアボラ風」

5位「悪魔のたれポントンテキ」

今回こういった結果となりました。
次回またこの本の中からレビューを書いていくうちに順位は変動するかもしれません。

そして今回レビューを書かせて頂いたリュウジさんの料理本の紹介は以下です。

Amazonさんのリンク貼っておきますのでご興味がある方はのぞいてみて下さいね。
(無料で試し読みもできます。少しのページですけど(^-^;)

ワンパンで面倒なし! フライパン飯革命

ではまた次回、他の記事でお会いしましょう。

あわせて読みたい
至高の鯖飯作ってみた。テイク3! リュウジさん発信YouTubeコンテンツ、リュウジのバズレシピ、至高の鯖飯をまた作りました。 これで3回目です。しかも今回はどんぶりサイズです。 どんだけ好きやねんっ...
あわせて読みたい
至高の鯖飯を72歳オカンに作ってあげた こんにちはZEROです。 今回もリュウジさん発信のYouTubeコンテンツ、リュウジのバズレシピの中から「至高の鯖飯」を作ってみました。 実はこれテイク4です。今回はうち...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Y-o-ZERO、略してZEROと申します。
医療従事者として働く傍ら「英語学習」をメインにブログ記事執筆しています。
学生時代苦手だった英語を社会人になってから独学で克服した経験を生かし、記事を執筆しています。
皆さんにとって有益な情報を提供出来れば幸いです。

目次
閉じる