MENU

NORTH TOURING `96(長編北海道一周日記)Episode 0-1/3

Vol.0 DREAM
Episode 0   1/3

プロローグ
「憧れ」

 

中学生の時勉強についてはクラスでもワースト10に入ることもあったほど勉強には素晴らしい力?
を持っていた僕(すげ~!)は「なにか人とは違ったことをしてやるぜ!」 そう思ったことから始めた一つが自転車で遠くに出かけるということだった。
 だが、なぜそれを選んだかは自分でもよくわからない。別にに何でもよかったのだろう。^_^;


 それまでもちょこちょこ自転車で遠出はしていたが、ある日初めて僕の住む郡山市の隣の市である奈良市(電車で行けば二駅あり、その間の距離は10kmほどではあるが)まで走った。 

 それが僕にとってはあまりにも嬉しいことだったのだ。

 なぜならいつもなら電車を降りて歩いていく店にもその日は店の前に自転車を止めたことや、そこを歩いていく人達を悠々と自転車で抜かしていったり、とにかく、今まで電車でしか行けなかったその場所に、決してあり得ることのなかった 「僕と自転車」のコンビがそこに存在したからだ。

 些細なことだが それに感動したのを憶えている。(その頃は純情だったのさ、今もやけど・・?)そのことがきっかけでかどうかは分からないが、さらに遠くまで行って、そしてそのことをみんなに自慢したくなり、その趣味はエスカレートしていった。(でも実際それを自慢しようとしても たいがいの人は「よおやるわ・・」と冷ややか反応で終わったけどね・・^_^;)

Vol.0 DREAM Episode 0   1/3



<広告>