MENU

NORTH TOURING `96(長編北海道一周日記)Episode 1-2/3

Vol.1 FIELD
Episode 1   2/3

 

 大沼に着くと、さっきの青年の言う通り、地図にあるキャンプ場は現地にはなかった。
そしてその人に教えてもらったキャンプ場に到着した。
少し淋しい所だったけど。湖の前で景観もいいし、僕にはちょうどよかった。

 まだ日のあるうちにキャンプ場に着いた僕は、することがないのでとりあえず大沼湖を一周することにした。少し不安だったが荷物はキャンプ場に置いたままでかけた。
 走ってるうちだったかいつだったか忘れたが、いつのまにか日は落ちて、辺りは暗くなっていた。

すると、大沼湖のむこう岸のところで花火が上がっているのが見えた。

「おお~、北海道に来た俺を歓迎してくれてるぜ~(ちがうけど^^;)もっと近くで見よう。」

その花火が打ち上げられてるところまで行くと、僕はふと、ある急用を思い出して、ある男に電話を入れるため電話ボックスに入った。

「もしもし、シンゴ?あのな~Gの血液型、結局分からんかったわ~」

というのは僕とシンゴは同じ大学にいる友達の血液型を当てるゲームをしていて、最後の2人、GとTの血液型が分からないまま、僕とシンゴの勝敗は保留になっていたからだ。(その頃からそんなつまんね~遊びをしていた僕ら2人でした)

「そうなんか、Tもわからんかった。まあしゃあないな、この勝負は新学期に持ち越しやな。ところで今どこなん?」
「北海道。」
「それを言うために わざわざ北海道からかけてきたんか。ところでうしろ花火鳴ってるのか?めっちゃうるさいぞ!」
「ああ、花火や、そうやな、うるさいな、じゃあそういうことでまた・・」
と言って電話を切った。アホな会話は終わった。

ひと仕事終えた僕は再び花火を楽しみ、それが終わったらキャンプ場へ帰るため、マイチャリを走らせた。
 走行の途中、ありがたいことに日帰り入浴できる旅館があったので、そこでひと風呂浴びてからキャンプ場に戻った。
ほどよく疲れた僕はテントの中でランタンに火を灯した。

「このランタンを使う時がようやく来たか・・・。」

「そう言えば去年はこのランタンを自分の部屋で灯してたよな・・・。」

という空しいことを思い出した。

Vol.1 FIELD Episode 1   2/3


<広告>