MENU

⑥英検準2級攻略【英語力ゼロからTOEIC600への道】

英語が苦手な人が英検準2級,TOEIC400レベル攻略方法をご紹介します。
今回はそのためのシャドーイング用教材2冊と英検ライティング用に1冊紹介します。

今回の対象者は現在TOEIC350くらいまたは英検3級取得者です。

まだその英語力に達していない方はこのコーナーのその1からお読み下さい。

あわせて読みたい
①音重視の学習法【英語力ゼロからTOEIC600への道】 英語が苦手だから、わからない時は得意な人に教えてもらって頑張ったのに全然成果が出ない。 どうしてだろう。やっぱり自分には英語は向いてないのかな? と悩んだりし...

でも、

「はあ?そんなスコアなはいしTOEIC初めてだけど、
最初から英検準2級,TOEIC400レベル狙ってやる!」

と、ガッツのある方はこのままお読みくださいね。☺

学生時代、英語を見るだけでも拒否反応を起こすくらい苦手だった私が、TOEIC600,英検2級を取得した私の勉強法をご紹介します。

目次

英検3級と準2級の英語力の差は?

まず、英検準2級の難易度がどれくらいなのかを解説します。
正直なところ英検3級と準2級の両方を受けた私の感覚からすると

「3級を高得点で通過できる人なら特別な勉強をしなくても
準2級は合格できるのではないかな?」

という位、そこまでの大きな差は感じられなかったです。
私が3級取得時TOEICスコア350
英検準2級合格TOEIC400スコア程でしたので、

その差はTOEICでいうと50くらいということになります。

すでに3級もしくはTOEIC350以上の人は
準2級を飛ばして2級に挑戦するのもいいかも知れません。

準2級を狙うタイミング

本当なら履歴書に書いて有効な英検2級とTOEIC600を狙いたいところですが、英語苦手だった人がいきなりの英検2級やTOEIC600以上を狙うのはやはりハードルが高いため、最初の目標の目安としては
まず①②のどちらかを目標とし、クリアしたら③の英検2級またはTOEIC500以上に挑戦するとよいでしょう。

英検3級 TOEIC 350
英検準2級 TOEIC 400

英検2級 TOEIC 500

TOEIC 600

ちなみに2級にギリギリ合格の人はTOEIC600を通過するにはやはり少し壁がありますので上記のように分けました。

きちんと段階的に3級取って準2級を取ってから2級に挑戦したい人のために私が行った方法を解説致します。

英検準2級、TOEIC400レベルに達するための教材

速読速聴・英単語 Basic 2400

現在TOEIC350以上のスコアもしくは英検3級取得者

この教材の後半(CD2枚目の内容)だけを
20回ほど音読またはシャドーイングすることで
英検準2級,TOEIC400レベルは狙える実力が付くでしょう。

音読とシャドーイングのやり方については以下の記事で紹介してますのでご興味のある方はそちらをお読みください。↓

あわせて読みたい
②超簡単シャドーイング【英語力ゼロからTOEIC600への道】 シャドーイングは非常に効果が高い学習法ですが、難易度も疲労度も高く多くの人はついていけないために挫折してしまいます。 今回紹介するシャドーイングは少し時間がか...

現在TOEIC350以下 英検の資格なし
今回初めて英検準2級を受験する方

この一冊すべてを20回位音読またはシャドーイングすることで
英検準2級,TOEIC400レベルを狙える実力が付くでしょう。

英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】

現在TOEIC350以上のスコアもしくは英検3級取得者

この教材を音読またはシャドーイングを行うことで

英検準2級,TOEIC400レベルは狙える実力が付くでしょう。

現在TOEIC350以下 英検の資格なし
今回初めて英検準2級を受験する方

この一冊に手を付ける前に
「続・絶対音読入門編 標準編」の2冊を
20回位音読またはシャドーイングを行ってから

この教材の20回音読またはシャドーイングを行うことで
英検準2級,TOEIC400レベルを狙える実力が付くでしょう。

英検準2級のライティングを攻略するための教材


基本的には上記の方法で英語の基礎力は鍛えられるため、それだけでも十分英検準2級,TOEIC400レベルを狙えるのですが、

英検の場合はライティング力も問われるため
その対策を行う方が万全です。

ライティング対策についてはこの本が一番わかり易かったので紹介します。
ちなみにこの本のおかげでうちの嫁さんはライティングについてはほぼ満点を取ることができました。

しかも試験前日の勉強でその結果だったため非常にお勧めです。

しかし、この本のライティング以外の内容については準2級用の教材としては難易度が高い印象を受けたため、難易度の高い教材に手をつけたい方には向いていますが、基礎力強化としては不向きと思われます。

東洋経済オンラインや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

いかがでしたでしょうか?
今回は英検準2級対策用の教材として紹介させていただきました。

その1~6の内容で英検準2級TOEIC400レベルは突破する実力は得られるはずです。
(試験を受ける前は当然過去問を解いて下さいね。)

さて、次回は皆さんが一番苦労している単語対策について執筆したいと思います。
ではまた他の記事でお会いしましょう。

あわせて読みたい
⑦単語攻略法【英語力ゼロからTOEIC600への道】 英語学習の山場、単語。 覚えても覚えても忘れてしまいますよね。 いきなり結論。 ●単語習得に近道なし ●忘れて覚えるの繰り返し ですが、 ◎覚え方を工夫することは可能...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Y-o-ZERO、略してZEROと申します。
医療従事者として働く傍ら「英語学習」をメインにブログ記事執筆しています。
学生時代苦手だった英語を社会人になってから独学で克服した経験を生かし、記事を執筆しています。
皆さんにとって有益な情報を提供出来れば幸いです。

目次
閉じる